Factory ysk

mini4w(12年復帰組)の日記⇒ブーム終了まで活動休止

内蔵サス作成

内蔵サス再調整

image


前回のたからばこでの失敗を改善するべく再度調整を施しつつボディがかっこいいので自慢する話。

トレッサならそこそこ速いペースで走ってくれるんですが、たからばこでは通じず…
まずは足りなかったフロントの剛性を強化!
バンパー裏にX用のFRPでがっちり固めスラストを維持してます。

フロントビュー
image

リアビュー
image

サイドビュー
image

ウイングやらエンジン部分をくりぬいたことでスッキリし、かなり気に入ってます\(^o^)/
車高は高いけどサスがきっちり沈みこめばかっこいいよw

サスのバネをAOのソフトに4本とも変更。
フロントはさらに柔らかくヌルッとした感じになり、跳ねなくなった〜
リアは若干跳ねが強くなった気が…(´Д` )
とりあえずこれでリベンジすっかなw

トレサスについて
最近、内蔵サスの調整やらMAシャーシやらを弄っているのでゆっくりゆっくり作って行きますよ〜\(^o^)/

内蔵サス調整

image

新しいボディをバックブレーダーに近づけるべくペーパーでしこしこと…。
リアの整流板を飛ばしただけですけどねw

さてボディに合わせてシャーシも調整します。
4本ともワンウェイを組んでいたのをフロントのみに変更。跳ねが大きいので不本意ながらマスダンを設置し、跳ねは解消。
サスのガタが大きいのでネジを締め込みバネ圧を調整し、ガタの解消、ギアの初動の噛み合わせの不良を解消。
image
image


こうしてみるとやることいっぱいあるなー
ジャパンカップ前にやっておけばよかったw

追記
ボディをくり抜きました。
ますますバクブレっぽいw
image

追記
たからばこにてシェイクダウンしてきましたー
3つ目のコーナーを抜けたあたりですっぽ抜ける。何度やってもすっぽ抜け…

で、店長に相談。
どうやらフロントの剛性が足りずスラストを維持出来てないとのこと。
またサスもまだ硬いとのことでした。
硬さはグリスの粘度でも調整できるよ。
ほんとかよっ!サスは奥が深いね〜

その後いろいろ雑談して帰宅。
明日MA入荷とのことで時間があればリベンジと買物するかなw

東京公式MSシャーシ

おはようございます!
さて、急ぎ組んでみたもののなんだか勝てる気がしないぞ^ ^

シャーシはEVOの時から使っている内臓サスマシンを調整し、ボディはトレサス用に仕上げていた強度の低そうなバニシングゲイザーを載せてます
この辺はトレサス用のボディ紹介の時にでも記事にしますよ
image

足回りはワンウェイホイールに変更し、4本全て太い方を履かせましたw
image
いっさいテスト走行を行ってないのでまったくの未知数ですがとりあえず散ってきます( ̄^ ̄)ゞ

サスマシン2台目後編

サス作成の続き。
前後ユニットの処理が終わったら、今度はセンターシャーシを加工。
前後ユニットの接続部の内側4本をニッパーとナイフでカットします。
断面は滑らかに加工。
私のマシンの強度が低いのはここの加工が原因です。
しなりはいいよ。
image


次にサスペンション機構の要であるバネですが、ダンガン用のGUPは既に市場から消えてしまっているので、今はスライドバンパー用のバネが使われるみたいですね。
しかしあれをバネの為に4個買うのもあれなんで今回は違うバネを使います。
レギュレーション云々は置いておいて取り敢えずサス組んでみるのには良いと思うんだ。
image

正解はボールペンでした。
ここではジェットストリームをバラして使用してます。
色んなバネを試してみたけどサイズ、硬さ、入手難易度、コスト、ジェットストリームがちょうどいい。

後はこのバネの上下を切り飛ばし、半分にカットしたらアルミパイプを使ってセットします。
image

こんな感じになったら後はセンターシャーシと組み付けます。センターシャーシは外側をナット、内側をロックナットで固定します。この時、バネとバンパーの固定にショートFRPを使うと思うけど、側面をオイルとペーパーで整えるとカーボン並に綺麗な切断面になるにでまじおすすめ。

バネの長さ、アルミパイプの長さ、ロックナットの締め込みの3点で自分仕様に調整したらお終い。
image

現在はこんな感じ。
引っ掛かりもなくヌルヌル動きます。

サスマシン2台目前編

思ったより初代サスマシンの調子が良く、バラしたりしたくないので、予備も兼ねて2台目を作成してみる。
まずは前後ユニットの切断なんですが、先にユニットの爪をニッパーでカットしておくと、ノコギリできる時が楽です。
カットの仕方は色々ありますが、処理が面倒なので私は一文字に切ってます。

image

この時、鋸の刃にオイルをつけるとカスは飛ばない、切断も早いとオススメです。
今回は前2分割、後3分割にしています。
後のバンパーは今回使用しませんので提灯用にでもとっておくといいよ。
その他不要なところはニッパーとナイフで削ればいいよ。
image

カットしたあとは断面をひたすら磨きます。
この時もペーパーにオイルを塗布しながら磨くと目詰まりが少なくて作業が早いです。
ペーパーは180番を使ってます。

ここまででだいたい1時間ちょっとかかりますので、いったん休憩。
バネの仕込み等は次回紹介いたします。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • スピンバイパーパールブルーSP
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ選択
  • D8T タイヤ選択
  • D8T タイヤ選択
プロフィール

ysk

アーカイブ