Factory ysk イメージ画像

MS

MSボディ搭載まとめ フロント周り カーボン2mmを使いたいのでネジの干渉を確認し、下から5mm程をカットし成形しています。 Fタイヤ周り ポリカ用のボディキャッチを使用した事でかなり浮きます。サスをフルボトムさせても3mm位は余裕があります。 無加工です。 R
『プロトセイバーボディ搭載まとめ』の画像

やあ、ボディが出来た〜と喜んで特に確認もせずにサフを吹いたらこのザマですよ(^^;; リアルミニ四駆ってバリがすげーのなw バリ落とししてたら結局全部削る結果になったわけだが、サフでも一回色がつくと全体像が把握できていい感じですね^o^ 次回は裏打ちにクリア
『プロトセイバーボディ塗装編』の画像

サス作成の続き。 前後ユニットの処理が終わったら、今度はセンターシャーシを加工。 前後ユニットの接続部の内側4本をニッパーとナイフでカットします。 断面は滑らかに加工。 私のマシンの強度が低いのはここの加工が原因です。 しなりはいいよ。 次にサスペンシ
『サスマシン2台目後編』の画像

思ったより初代サスマシンの調子が良く、バラしたりしたくないので、予備も兼ねて2台目を作成してみる。 まずは前後ユニットの切断なんですが、先にユニットの爪をニッパーでカットしておくと、ノコギリできる時が楽です。 カットの仕方は色々ありますが、処理が面倒なので
『サスマシン2台目前編』の画像

会社のミニ四駆仲間からサス組むならギアカバー加工するといいよとのアドバイスを頂いたので早速加工してみたよ。 前後ユニットは強度が落ちるんで無加工です。 若干の抵抗抜きなのかな? これはこれでギアの動きや、状態が分かるからいいもんだ。
『ギアカバー加工』の画像

↑このページのトップヘ