Factory ysk

mini4wからRCに移行

HPI Q32

D8T タイヤ交換

スーパードラゴン、結局買ったよ。
仕事から帰ったら届いてました。
ヨドバシは仕事が早くて好感が持てます。

これで念願の蛍光グリーンのホイールとスパイクタイヤが・・・

とりあえず交換の前に手持ちの比較。
D8Tの標準ホイール&スポンジタイヤ
大径ローハイトホイール&ゴムタイヤ
大径ホイール&ゴムタイヤ(イグレスRS)
大径ホイール&スパイクタイヤ

まあ、予想通りの重さですね。
    
比較してみるとQ32はモーターが非力なので軽い標準タイヤは理に適ってるかなと、
室内で遊ぶなら音が静かなスポンジタイヤはありですね。

僕は径が小さいホイールが苦手なのでいつも大径ホイールを履いてしまいます。
そしてホイールといえば蛍光色!

ミニ四駆でも愛用してました蛍光グリーンのホイールです。
黒い車体に映えますね。

そして今では使われることがほぼ無くなったスパイクタイヤです。
小学生の頃、流星やライジングバードを片手に空地で遊んでいた頃を思い出します。
ライジングバード再販しねえかな。

さて、さくっと履き替えたいところですがよく見るとシャーシが割れてました・・・
そんなハードに使った覚えはないのですが、いっぱいジャンプをさせていましたので、
割れたのでしょうね。

さくっと交換しホイールも履き替え。
image



















かかか・・・かっこいいいいいいい!
ウイングも戻しました。

THEバギーって感じがしてきます。

さて肝心の走破性は・・・がたがたウルせええええー!

フローリングはダメですな・・・
カーペットは〇です! 
特に面白いのが布団の上で、ウィリーしながら走ってくれます。 

さて、この車体にあうボディを考えねば・・・

D8T タイヤ選択

まだまだ楽しいQ32。

色々あってウイングは取りました。
D8Tのキャビンを取っ払ったら重量バランスが崩れたのか空中での姿勢制御がままならず…なんか考えます。

今回はタイヤについて。
タミヤの大径ローハイトホイールを履かせた結果、径が大きくなった事により走破性があがりました。
しかしながらスポンジに比べるとゴムタイヤはグリップしないので全開走行で巻きました。

路面状況での◯✖️をつけました。
ローハイトタイヤ
ダンボール ◯
カーペット◎
アスファルト△
フローリング△
畳◯
砂場✖︎
ゴムが薄くて硬いので食いはいまいちでした。主に室内で遊ぶのでフローリングで全開走行出来ないのは辛いです。
逆にアスファルトはかなり食いますがタイヤのクッションがないので小さな石でもかなり跳ねますので直進もままならず…

スポンジタイヤ
ダンボール ◯ 
カーペット◯
アスファルト△
フローリング◎
畳◯
砂場✖︎
スポンジタイヤは路面の選択肢が多いです。だいたい食います。
タイヤの汚れであっという間に食わなくなりますので、ゴムよりさらに細かいメンテが必要です。
また軽いので動きに切れがある感じはします。タミヤのレストンスポンジタイヤだとさらに食います。しっかり路面を捉えてくれるのですが逆に食い過ぎて曲がらなくなるのでワンウェイホイールを着けてみるのもあるかと思います。

個人的には限定の蛍光グリーンのXシャーシ用のワンウェイホイールが再販されたら履かせたいところです。

あとスパイクタイヤが気になってますのでスーパードラゴンのキットを買おうかと思ってます。
スーパードラゴンの蛍光ホイールがお気に入りなので…

履かせてみたらまたレビューしてみます。








D8T ホイール交換

相変わらずQ32飽きずに遊んでます。
付属のジャンプ台で遊ぶのも面白いですが、雑誌でジャンプ台を作っても小気味よく飛んでくれます。

本日はさらに気持ちよく遊ぶ為にタイヤとホイールの交換をしたいと思います。

使用するのはタミヤの大系ローハイトホイール&タイヤセットです。
いつものようにTAMIYAロゴに墨入れするのも忘れずに…
結果、幅広になったことで安定感が増し、グリップによる食いゴケも減りました。ホイール系も標準より大きくなったので走破性もUP。
ホイール1つにつき1g増しなので、全体で4gの重量増ですが、挙動に問題は無し。
ホイールとシャフト径が違うので交換の際はピンバイスを使った方が無難です。

足周り変更でまた面白くなったのでまだまだ飽きそうにありません



D8T 620ベアリング投入

D8Tを購入してから1週間がたとうとしていますが、毎日2~3回程走らせて楽しんでます。
ネットでなにかQ32を弄っているものはないかと探しましたが特にめぼしい情報は…

とりあえず分解してみると、リアのプラベアのサイズが620サイズだったので手持ちの現行620を投入。

モーターを確認したくネジまで外しましたが、作業としてはリアのホイールを力任せに抜くだけです。

ホイールを外したらプラベアを620に差し替えるだけ。
で、組み付け。

結果、速さが1.5倍になりました。
脱脂してたらもっと速くなりそうです。

車体の速度UPにあわせてタイヤも弄ります。
フロントはグリップそのままに両面テープで固定。
以外にステアを切り続けるとタイヤがズレてきますので、このサイズでは小さいブレも挙動に立派に反映してきます。

リアはスポンジタイヤを裏返し装着。
裏面のがきっちり平面が出ているし、目が細かいのでタイヤの食いつきが良いです。

新しい挙動になれたいのでしばらくはこの使用で遊びます!

D8T Q32購入

 
HPIのQ32シリーズ第二弾、D8Tを大阪のスーパーラジコンで購入しました。
1/32サイズでちょうどミニ四駆と同じ大きさです。重さは50gと軽いです。
本体にリポが内臓されておりプロポから充電する形で時間は20分程。
走らせてみるとめちゃくちゃ面白い。
2駆バギーの挙動なのでステアを切りすぎると巻きます。
フロントに接着剤を塗布してグリップを落とせば改善出来るかと…
初日は室内を3充電程走らせて壁にもバンバンぶつけましたが傷がつくこともなかったです。
また、路面をダンボール、アスファルト、カーペット、畳、フローリングと色々試しましたが、路面毎挙動が変化するのがわかるので面白いです。

本来ならパッケージみたくテスマンカラーにシール貼りをしたかったのですが、残念ながら不器用ゆえ失敗しボディは白一色です。そのうちTRFカラーに塗りたいかな。
改造はミニ四駆のパーツが使えるらしいのでぼちぼちと弄っていきます。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • Yeti jr タイヤ交換
  • Yeti jr 社外品について
  • Yeti jr 社外品について
  • Yeti jr 社外品について
  • Yeti jr 社外品について
  • Yeti jr 社外品について
  • Yeti jr 購入
  • Wraith部品注文
  • Wraith部品注文
livedoor プロフィール
アーカイブ