やあ前回の続きだよ
現在の進捗率は4割ほど、ジャパンカップは間に合わないねw

今回はフロントユニットの加工とサスユニットの作成までを紹介
image


image
写真は半分加工した状態
使用する工具はニッパーとデザインナイフで仕上げてます。
爪切りがあると少し楽に出来るよ
まずはこんな感じにいらないところをバチバチと削っていきます。
軸受けはリアユニットと同じく、ユニットに対して水平にカット
軸受け内部はデザインナイフで拡大
この辺は現物あわせでクリアランス調整、実際に組んでみて620がひっかからなければ良いでしょう

次にサスユニットの作成

シングルユニットの場合(FRP加工)
image
写真にあるようにX用のリアステーを加工していきます
ニッパーでざっくりカットして鑢で形成していきます
私はステーは一枚派ですが、このまま組むとガタが出るので、シャフトの接触面積を増やすべくアルミホイール用のブッシュを加工して取り付けています。
ワッシャーはモーターピンを通す際、はめ込むのが手間なので瞬着剤で貼り付け

ダブルユニットの場合(FRP加工)

image
ダブルサスの場合は写真のFRPを使用します
こちらも真中の穴のひとつ隣の穴でカット、形成
こちらの軸受け部分には大型スタビヘッドセットにある11mmのスタビを削って瞬着で固定します
この辺は何でもいいと思いますが、なるべく厚みがあればガタつきません

今回はここまで
次回はサスユニットの作成から、組付けまで一気にすすめます