Factory ysk

mini4w(12年復帰組)の日記⇒ブーム終了まで活動休止

ジャパンカップ2013東京大会

image
なんんじゃこりゃあああああああああ11111
レポも何もなく私の夏は終わりました。

7:00前に家を出て会場につき並び始めたのは8:16分。
受付をすませもらった番号は738番。
2箇所で配っているので番号はバラバラとの事。
マスダン無しでいくといいながらナイアガラにびびり東北ダンパーを装着w
しかしながら件のテストコースで紛失www

俺のパワーバー\(^o^)/

毎度テストコースを走らすと何かしら故障、不具合が発生するので自重するのだがついつい…

休憩しながら順番を待ち11:30分頃に呼ばれコースイン!
レーンは4、シグナルブルーと同時にスタート!
いい!
すごくいい!
1位で最初のコーナーを曲がりスーパーデルタバンクにのぼのぼのぼらなああああああい11111くぁwせdrftgyふじこlpwwwww

デルタバンクに入る前の継ぎ目に弾かれCO!
お疲れ様でした。

俺の夏2013 終わり

【感想】

今回はCO率がかなり高い!
ナイアガラに目が行きがちだがデルタバンク進入手前のウォッシュボードからのコーナー進入が鬼門、ここで弾かれるマシンがちらほらありました。
検証した結果、自分のマシンもウォッシュボードでバランスを崩しコーナー抜けてデルタバンクに入る継ぎ目で引っかかりCOでしたので、スラストは1度〜2度足した方が良いかとw

スーパーデルタバンクからナイアガラにかけては、ブレーキで飛距離を制御したマシンが一回戦を多く突破してた感じでした。
しかしブレーキがきつめだとデルタバンクもを登らず…止まるマシンもありました。

芝で止まるマシンもあり、今回の芝は良く食われてました。

運にもよりますが、トルク重視の安定性重視が安牌かと、それでもモーターはダッシュ系が多く速度的には30〜33キロ程は必要な感じです。

実際に一回戦を突破した仲間内のマシンは、MSがMDP、VSでPDを選択しブレーキは車検ギリギリの灰スポンジの仕様でした。

ああ悔しいな\(^o^)/

追記20130623

上記にFのスラストの事を書きましたが、多分にもれず私のマシンは固定が甘く若干動くので、弾かれた原因のひとつだと思います。
固定のしなかったのはサス調整の関係でわざとだったんだけど、しめるところはしめないといけないなー

東京公式MSシャーシ

おはようございます!
さて、急ぎ組んでみたもののなんだか勝てる気がしないぞ^ ^

シャーシはEVOの時から使っている内臓サスマシンを調整し、ボディはトレサス用に仕上げていた強度の低そうなバニシングゲイザーを載せてます
この辺はトレサス用のボディ紹介の時にでも記事にしますよ
image

足回りはワンウェイホイールに変更し、4本全て太い方を履かせましたw
image
いっさいテスト走行を行ってないのでまったくの未知数ですがとりあえず散ってきます( ̄^ ̄)ゞ

調整ブレーキシステム

精度が出ないよ〜(~_~;)
しかしながらサス車を組むのは楽しいねゑ
楽しすぎてJC用にマシンを組んでないことに気がついたのが今回の話

23日は手持ちのMSで大会に参加する事に決めた
わけで、マスダンを使用しないのが俺のポリシーなわけで、内蔵サスを使うことにする

ここ最近はトレサス作成にかかりっきりだったけど、内蔵サスも弄り始めると面白いw
ちょい柔らかめに調整、あとはブレーキで飛距離の調整したら何とかなるでしょう

で、ブレーキもいじってみた
少し前に作った可動ブレーキ改ですよ
image

改といっても大幅に変えたわけで、今回のキモはネジの締め込みでブレーキの高さ調整が出来る点、また完全固定でないので着地後にショック吸収をしてもらう役目もある

それにしてもブレーキ調整楽だわ(^ω^)

20130622
あれ、プラ変形してる?
ブレーキ下がらんやんwww

困ったw

トレサス作成②

やあ前回の続きだよ
現在の進捗率は4割ほど、ジャパンカップは間に合わないねw

今回はフロントユニットの加工とサスユニットの作成までを紹介
image


image
写真は半分加工した状態
使用する工具はニッパーとデザインナイフで仕上げてます。
爪切りがあると少し楽に出来るよ
まずはこんな感じにいらないところをバチバチと削っていきます。
軸受けはリアユニットと同じく、ユニットに対して水平にカット
軸受け内部はデザインナイフで拡大
この辺は現物あわせでクリアランス調整、実際に組んでみて620がひっかからなければ良いでしょう

次にサスユニットの作成

シングルユニットの場合(FRP加工)
image
写真にあるようにX用のリアステーを加工していきます
ニッパーでざっくりカットして鑢で形成していきます
私はステーは一枚派ですが、このまま組むとガタが出るので、シャフトの接触面積を増やすべくアルミホイール用のブッシュを加工して取り付けています。
ワッシャーはモーターピンを通す際、はめ込むのが手間なので瞬着剤で貼り付け

ダブルユニットの場合(FRP加工)

image
ダブルサスの場合は写真のFRPを使用します
こちらも真中の穴のひとつ隣の穴でカット、形成
こちらの軸受け部分には大型スタビヘッドセットにある11mmのスタビを削って瞬着で固定します
この辺は何でもいいと思いますが、なるべく厚みがあればガタつきません

今回はここまで
次回はサスユニットの作成から、組付けまで一気にすすめます

トレサス作成①

トレサス作るよ〜
会社の方がトレサスマシンを作成し、速さと安定感に感動しまして、この度作成を決意

完成車両を貸してもらって参考にしながら切ったり貼ったりです

まずはセンターシャーシの加工から
image

前後の接続部分をカット。
後は写真のように接触部分をカットしていきます。
途中経過なので、カットはホビー鋸とデザインナイフを使用。
ヤスリは動きを見ながらなのでまた今度w
見本は上からサスユニットを差し込む形なのですが、今回はシャフト貫通使用で作ります
image

ピンバイスでカウタンーギアを固定する部分に穴空け
最初の位置合わせはピンバイスが斜めからしかはいらないからめっちゃ緊張するw
水平にはなったかなww

次は前後ユニットの加工
今回は手元にあったリアユニットから加工していきます
フロントユニットどこいったんだよ(^^;;
image
image

ここもユニット接触部分をカット
軸受け部分はリアのユニットと水平になるようにカット、削りで加工終了

トレサスもいろいろ派生があるんだけど、パワーバーを2本使ったダブルサスと、基本形のシングルタイプ
ここではフロントダブル、リアシングルで作っていく予定

あっ予定は変わるよw

EVOボディ2台目

さて、2台目を作ろうじゃないかw
前回の反省を活かしながら新しいEVOを仕上げてやりますよ!
image

とりあえずボディキャッチを考えよう。
前回はポリカボディについてくるボディキャッチを使って見たんだけど、正直高さが出てしまって横からみるとちょっと不恰好でした(^^;;

なので今回は手元に転がってたアズールのボディを使ってみた。
設置面積が少ないんで接着に工夫はいるけど高さも若干下がったし位置的にはドンピシャです。
LEDもライトのレンズ部にちょうど合いました。

後は乾くのを待ってマスキングからのFRP粉でがっちり固めます。

内部メカ搭載?
それはおいおい考えるw

今はパワーバーも買ったことだし、しばらくトレサスに取り組もうと思うw
image


LED搭載

MSシャーシを大幅に仕様変更です。
可動ブレーキ?

何それ!?

で、セッティングを考えてたんだけど、ちょっと面倒臭くなって、なんだかLEDを組んでみたくなったのが今回の話。

まあLEDマシンはカッコいいし、目立つんだ。
赤い光の軌跡ちょうやばい。
怒り状態のナルガっぽい。

つけてみたいけど、ボディにつけたらいいのか、シャーシにつけたらいいのかで悩む。
ボディにつければ自然に見えるけど電源の問題があるし、かといってシャーシにつければ搭載位置が決まってくる。

さて、どーしようかって事なんですが、今回はEVOを使うのでシャーシに搭載を選択。
image

使用した部品はMSシャーシ用のマルチブレーキキット。
こいつのメイン部品をカットして使用します。
この加工した部品は色んな事に使えるのでまじ便利。

今回はLED用のステーにするのでヤスリで穴をほじってやってLEDをはめ込みます。
あとはアルミパイプを使って高さを調整。
ちょうどEVOのヘッドライトに合いました〜

配線が汚いのは勘弁なww

たからばこステーション戦

たからばこの大会に参加しました。

image

公式東京以外での大会は初めてです。
結果からいえば一回戦敗退の、敗者復活戦も敗退です(^^;;
COが多い中、2回とも安定してはくれましたが速度負けでした。
大会参加マシンの中で唯一マスダンパーをつけてないのに完走出来たのは嬉しいんですけどね〜
弱気でトルクを選んだ、自分の采配ミスでした。

いろいろ反省点は多いけどやっぱり大会は楽しいですね〜
image
参加賞頂きました!
あと無事パワーバーも買えたのでトレサス始めます!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • スピンバイパーパールブルーSP
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ交換
  • D8T タイヤ選択
  • D8T タイヤ選択
  • D8T タイヤ選択
プロフィール

ysk

アーカイブ